(江口さん(仮名)/41歳男性/愛知県在住/職業:ファイナンシャルプランナー)

僕は音楽を聞くのが趣味なのですが、いつも大きい音を出して音楽を聞いているので、親から近所迷惑だからヘッドホンで聞けと怒られます。
ヘッドホンで聴くのはあまり好きじゃないので、できれば部屋を防音室にしたいと考えています。
お金は全然ないので、親に防音室の費用を貸してくれと頼んだら、あっさり却下されました。
仕方ないので友達に借りようとしたら、友達もお金が全然ないと言うので、思い切って消費者金融でキャッシングすることにしました。
消費者金融というと、前はとても怖いイメージがありましたが、今は学生や女性向けのローンもあるのでだいぶ借りやすいイメージに変わってきていますね。
それでもキャッシングするとなると、利息がかかってくるので、できるだけ金利が安く返しやすい消費者金融をいろいろ比較してさがしました。
消費者金融でキャッシングを申し込むには、担保や保証人をたてる必要がない代わりに、身分証明書の提示を求められました。
運転免許証や保険証、パスポートなどでもいいそうで、僕は運転免許証を身分証明書として提示しました。
僕は初めてのキャッシングなので、他社からの借入もなく、クレジットカードなどで遅延もないためわりと簡単に審査に通りカードを発行してもらいました。
返済もわざわざお店まで返しにいかなくても、コンビニなどの提携ATMでいつでも返済できるので忙しい人にはとても便利ですね。
これからもキャッシングする機会があるかもしれませんが、あまり借りすぎないように気をつけます。